ガイアの水 極選

買ってはいけない浄水器

更新日:

浄水器画像

あなたの自宅でも既に取り付けていらっしゃるのではないでしょうか?ホームセンターで売っているような蛇口に取り付けるタイプ。

お水を定期便で運んでくれるウォーターサーバー。ひょっとしたら、スーパーで買い物ついでにお水を汲んで来られるかもしれませんね。

ご存知の通り、浄水器といっても安価なものから高価で高性能なものまであり、どれがいいのかわかりません。電気分解してアルカリイオン水や強酸性の水が出るものまでありますが、では一体どれがいいのでしょう?浄水器を選ぶ中で注意したい点を取り上げてみます。

目次
浄水器の種類
浄水器の選び方
浄水器を使わないリスク
実は水道水の方が安全?
雑菌を溜め込むウォーターサーバー
オススメの浄水器
まとめ

浄水器の種類

浄水器といっても実に様々です。自分に適した浄水器はどのように選んだらいいのでしょう。まずは種類を紹介します。

スッキリ取り付けられる「蛇口直結型」

蛇口の先端に取り付けるタイプ。最も普及している浄水器です。設置も簡単、しかもコンパクト。シンク周りがスッキリします。浄水効果の割にはリーズナブルな価格で、取り付けやすいのではないでしょうか。ただし、カートリッジが小さいため容量が少なく、2~4ヵ月ほどでカートリッジを交換しなければいけません。

他にも水道の蛇口自体に浄水器を内蔵した浄水器内蔵型もあります。こちらは蛇口ごと取り替えるため取り付け工事が必要になりますので、ご注意ください。

圧倒的な浄水能力の「据え置き型(シンクトップ)」

浄水器をシンクの側に置き、蛇口の先端と浄水器本体をホースでつないで使用するタイプです。蛇口直結型より浄化装置が大きく、ろ過水量やろ過能力が非常に優れており、水の質を重視したい方にはオススメ。

カートリッジの寿命は12〜24ヶ月のモデルが主流です。ただ設置のためのスペースが必要であり、導入コストも高価です。

設置設定いらずの「ポット型」

ガイアの水135ポット型浄水器

ポットの中に組み込んだカートリッジで浄化するタイプ。水道水を注ぐだけで浄化できるので価格が安く抑えられます。ただ、ろ過量が少なく時間もかかるので、料理などで大量に使うのには不向き。容量は1〜3L程度が一般的で比較的小さいため、寝室や居間など自由に持っていけるのがメリット。

決まった日時にお水をお届け「ウォーターサーバー型」

交換式のタンクから冷水や熱水を供給する機器。サーバーには、コンセントが接続されており、水を熱したり冷やしたりできるので、予め冷水だけではなく熱水を用意することもできる。定期的に水が届くので、いつも新鮮なお水を飲むことができます。

浄水器の選び方

一人暮らしでキッチンシンクが狭い場合は、ポット型や蛇口直結型などのコンパクトなモデルがおすすめ。取り付けが簡単なので、手軽に使い始められます。

一方、料理をよくする方など水の使用量が多い場合は、据え置き型やアンダーシンク型など容量の大きい浄水器がおすすめ。また、カートリッジの交換頻度が蛇口直結型に比べて少ないため、ランニングコストを抑えられるのもメリットです。

フィルター素材の違いをチェック

フィルターは採用する素材によって、除去できる有害物質の種類や使い勝手が異なります。現在、浄活性炭・中空糸膜・セラミックなどが代表的。なお、これらの素材は単独で使われることはほとんどありません。組み合わせて使用されることが多いので、購入する際はチェックしておきましょう。

残留塩素やニオイを除去する活性炭フィルター

活性炭の表面には無数の穴があり、ニオイや色素などの分子を吸着するという優れた性質を持っています。目詰まりしにくいという点もメリットでしょう。

デメリットは、活性炭によって塩素も除去されて水の殺菌力がなくなることにより、雑菌などが繁殖しやすくなるという点。最近は活性炭単独ではなく、他の素材と組み合わせて用いる浄水器が主流です。

細菌やカビを取り除く中空糸膜フィルター

中空糸はナイロンやポリエチレンなどを素材としたパイプ状の糸で構成されています。中空糸の表面には多数の穴があり、水分子は通すものの、細菌は吸着できるのが特徴。また、サビやカビなどの除去効果が期待できるのもメリット。キレイな水に浄化してくれます。

現在販売されている浄水器はこの中空糸膜と活性炭を組み合わせたフィルターを用いたモノが主流。活性炭で塩素やニオイなどを除去した後、中空糸膜で細菌・サビ・カビなどを取り除くという仕組みを採用しています。

細菌やカビを取り除く中空糸膜フィルター

多数の細かい穴が空いているセラミックフィルター。細菌やカビ、サビなどを取り除く効果が期待できるほか、カルシウムやマグネシウムなどを主体としているので、ミネラルの添加用としても使われています。なお、セラミックフィルターは活性炭と組み合わせて使用されるのが一般的です。

浄水器を使わないリスク

水道水が発ガン性を持つのは、塩素殺菌のためです。そもそも水道水は河川から取水。その後浄水場では、その原水に有毒塩素を投入します。

目的は、水中の微生物を殺すことです。この殺菌処理によって、安全な水を確保できるはずでした。しかし、思わぬ副産物である毒物が発生するのです。

それが塩素と有機物が化合して生成させる有機塩素化合物 (TOX)。猛烈な毒性を持ち、ほとんど例外なく発ガン性があるのです。中でもっとも有名なのがトリハロメタン(THM)。

「毒 無料 画像」の画像検索結果

現在、4種類のトリハロメタンが塩素滅菌した水道水から検出されています。日本では、全ての水道水が塩素処理されているのは周知の事実なのではないでしょうか。そして台所用洗剤は合成界面活性剤と呼ばれていますが、更に最悪の組み合わせになることがわかったのです。

そして、ダイオキシン。ベトナム戦争で枯葉剤として使われた猛毒ですが、催奇形性があります。非常に多くの奇形児が生まれたことは有名ですよね。

では水道水とどう関係があるのか?実は、この界面活性剤ですが、25度以上に温めた塩素の入った水道水と組み合わせると、

なんとダイオキシンになるのです。しかも800倍!

一番リスクが高いのは男性でしょうか?それとも女性でしょうか?答えは女性。当然、台所に立つのは圧倒的に女性なので、毎日ダイオキシンの湯気を浴びることとになるのです。

実は水道水の方が安全?

日本における浄水器普及率は3軒に1軒。つまり日本人の3人に2人は、発ガン水道水を飲んでいることになります。「よかった!ウチは浄水器を使っているから」と安心したアナタ。ひょっとしてその浄水器、大手メーカー製ではないですか?

なぜなら、これらは日本の大手メーカーが販売し、ホームセンターやスーパーの浄水器コーナーを独占しているからです。仕組みは「中空糸膜」方式。プラスチックに ミクロの穴を開けて、細菌を除去するもの。開発されたのは1984年。開発者は三菱レイヨンです。

中空糸膜とはポリエチレンなどの化学繊維で作った、中が空洞になった糸状の壁面に0.1ミクロンの無数の穴をあけたもの。このミクロの「ザル」で、大きさが0.1ミクロン以上のバクテリアや 細菌、赤サビ、濁り、不純物などを漉し取ります。

さすが日本の技術!と言いたくなりますが、実は落とし穴が。まず、「中空糸膜」表面のミクロの穴は、あまりに小さすぎて水の分子すら通しにくい。水分子は、通常、おびただしい数が連なって「クラスター(塊)」と呼ばれる分子集団を作っています。

これらが「中空糸膜」のミクロの穴にひっかかってしまう。これをウォーターシール現象と呼びます。そこで、穴を”滑りやすく”してやらなければなりません。

メーカーが工夫開発したのが、穴の壁面に「親水化剤」という薬剤を使用して水を通りやすくする方法。「親水化剤」は、まぎれもない化学薬剤。つまり、合成界面活性剤を使っているということです。

雑菌を溜め込むウォーターサーバー

ウォーターサーバーは雑菌が増えやすい

顕微鏡 dna 医療 ヘルスケア 写真 感染 ウイルス ウィルス 紫 紫色 パープル 焦げ インフルエンザ 水晶 パワーストーン ミトコンドリア 風邪 病 エレクトロン 影 血液細胞 血液 心臓 脳震盪 脳震とう 浸食 拡大イメージ イメージ ウイルス細胞 細胞 菌 雑菌 球菌 動脈硬化 脳梗塞 生活習慣病 サイレントキラー インフルエンザウイルス 微生物 バクテリア 不潔 人物なし がん細胞 がん ガン 寄生虫 アメーバ 寄生生物 細菌 癌 癌細胞 脳卒中 ガン細胞 スキャン 原形質 免疫 病気 白血球 血管 赤血球 体内 人間 はしか クローズアップ 模様 生物学 科学 背景 ボケ ぼけ エックス線写真 疾患 ぼかし 疫病 研究 サイエンス ボカシ 病菌 アトピー 喘息 風疹 高血圧 ぜんそく 毒 毒性 患者 大腸菌 皮膚 x線写真 発疹 エックス線 レントゲン 人体 レントゲン写真 オーラ リスク 危険 危機 体臭 精神病 遺伝子 幻想 丸ボケ 玉ボケ 繁殖 丸ぼけ 玉ぼけ 感染症 テキスチャ ばい菌 x線 カビ 蝕む でんぷん デンプン ホルモンバランス パターン 病原菌 カビ菌 バイ菌 抽象 抽象画 顕微鏡図 心筋梗塞 ミクロ 分子 腸内 背景画像 バック 汚染 下水道 下水 血糖値 肺がん 肺癌 糖尿病 デザイン グラフィック テクスチャ プランクトン テクスチャー 背景素材 エイズ バブル 柄 バックグラウンド 病院 素材 web ggbg23

まず最初の理由は、雑菌が増えやすいからです。ウォーターサーバーは、水を注ぐたびに空気がボトル内に入ります。「ボコボコッ」と、使ったことがある人なら、ボトル内の水に泡が浮かぶ様子が想像できるでしょう。

この「ボコボコッ」と空気が入る現象が雑菌を増やす大きな原因なのです。水は空気に触れた瞬間から、雑菌が増え始めます。一度空気に触れると、どんなにしっかり密封されていても冷やしても、雑菌はどんどん増え続けます。

以下のグラフをご覧ください。これはペットボトルの水(ミネラルウォーター)が空気に触れてから、24時間でどれだけ雑菌が増えるかを示したグラフです。

調べてみたところ、一般的なウォーターサーバーのボトルは1本あたり大体10~12リットル程度。とても半日や1日で飲めるような量ではありません。※ちなみに一般家庭の平均は1周間~10日程度でこのボトルを1本消費するくらいだそうです。

使うたびに雑菌が満載の空気に触れる。さら1週間~10日程度は放置状態。ウォーターサーバーの水は雑菌が増えやすい環境にあるのです。

保存料を使っている

ウォーターサーバーのボトルの賞味期限は、未開封の状態で半年~1年間。開封後は、2週間~1ヶ月程度が一般的です。でも、ラベルには記載されていません。なぜなら記載する義務がないからです。もしくは本当に保存料を添加していないのかもしれません。ただし代わりに、容器の内側にコーティングしてある可能性も否定できません。

自然にある状態のもので、1年も保存が効くものは存在しないので、よく考えてみれば理解できるのではないでしょうか?

オススメの浄水器

ここまで浄水器のリスクを書いていましたが、どれがいいのか分からないと思います。電気分解する50万円近くする浄水器を購入したことがありますが、結局廃棄しました。先ほどフィルターのことを書きましたが、実はそれが原因ではないのです。

そもそも自然にあるものを摂ることが、身体には一番いいとされています。そもそも自然界に電気分解したお水、イオン化した水などない。ならば、身体には逆に負担になるのではないか、と考えたからです。そう考えると、世の中にあるほとんどの食品は人が人工的に作ったものばかり。例えば、人工甘味料、アミノ酸、マーガリン、遺伝子組み換えの大豆など。

避けて食べるに越したことはありませんが、神経質になってはとても窮屈な生活になってしまいます。ですから、できる範囲でストレスにならない程度にするのが、結局心にも身体にも負担がありません。

そこで、今まで私が試してきた浄水器の中で、ベストな浄水器を紹介します。

ガイアの水135

ガイアの水135

前述の問題を全てクリアしているのがコチラ。ガイアの水135という蛇口に取り付けるタイプの浄水器。蛇口に取り付けるタイプなので、場所をとりません。カートリッジは活性炭と植物由来の素材『マコモ』を配合したセラミックボールの層、そして沖縄の天然サンゴ礁(コーラルサンド)の層を使用しています。

しかも1秒間に1兆回振動する強力なテラヘルツ波を発生させる3種類のテラヘルツ鉱石を使っているので、塩素を除去した水にも関わらず、腐敗の進行が遅いです。

そして何よりも本体そのものを1ハンド1アクションで「くるり」と逆向きにして内部を洗浄することができるという画期的な構造。雑菌を一掃出来るだけでなく、常に美味しいお水を飲むことが出来ます。

まとめ

結局、私が選んだのはガイアの水135の浄水器でした。理由はいたってシンプル。

安い!

おいしい!!

そして何より、

ズボラな私でもできるカンタン掃除!朝、本体を逆さまにして、約30秒間流水するだけ。しかも、たった1回のみ。高額な浄水器を使い続けても良かったのですが、カートリッジの中がドロドロのまま飲んでいたと知って気持ち悪くなりました。知ってしまうと怖いものですね。

是非、あなたもご自分にあった浄水器を見つけてください。

ガイアの水135浄水器ヘッダー画像

ガイアの水135浄水器の詳細はコチラ

-ガイアの水, 極選

Copyright© LightWork , 2019 All Rights Reserved.