ネタ・雑記

神さまは塩対応

2014年10月30日に投稿したアメブロの記事です。

 

4日前からはじめたファスティング。

頭が冴えて、空腹も気にならず、

気分もとっても爽快です。

 

ただ、胃が食べ物を欲して

ずっとグウグウ鳴って仕方ありません。

 

人と会っている時も、グウーと鳴ると

 

「まだ食べてないんだ…」

 

とヘンな空気が流れるのがイヤなので、

先手を打っておきます。

 

「今、ファスティング中なんですよ。えっ?断食のことです。カラダをリセットしようかと思って。」

 

相手も納得して、

話しの途中でお腹が鳴っても何も言われません。

 

ただ、隣りの席までものすごく近かったので、

どうしようかなと思いました(笑)

 

この時、会って話した内容はネットワークビジネスだったんです。

コーヒーでも飲もう♪というお誘いで。

約束の時間にカフェに行くと、別の人も…。

 

なんとなくそうなんじゃないかなと気付いたんですが、

一応話を聴きました。

 

全ては聴いてません。

次の予定があったから、

途中で退席したので。

 

その方は水商売でいくつもの店舗を出して、

1億8千万円の借金を抱えてしまい、現在返済中。

 

だけど月々の返済を上回る収入を得ている、

という話でした。

 

ぼくはネットワークビジネスを否定しません。

ひとつのビジネスの形だと考えます。

 

そこにどうしても人が介在するので、

良くも悪くもなるんでしょうね。

 

僕の場合は、否定から入りません。

まず受け入れます。

 

シャワーを浴びるように言葉を受ける。

前出した借金の話からトップの人との出会い、

そしてこれから広がる可能性。

 

まずぼくは、

頭で考えない

頭で判断しない。

 

なので、「内なる存在」にたずねてみることにした。
「内なる存在」のことを人は神と言うかもしれないし、

インスピレーションと言うかもしれません。

 

「この話は乗ってもいいですか?」

 

「乗らなくてもいい。」

 

「じゃあ、やらなくていいんですね?」

 

「自分の道を行きなさい。」

 

「ラジャー!」

 

もちろん、自分を観察しても適切な判断が出来る。

たまにはこんなジャッジも出来るので、とっても便利♪

 

なので取り組まないことで決定!
この判断は時間でいうと一瞬…かな。
すごく曖昧(笑)

 

やらなくていい、と判断したら後の話が
もうどうでもいい。すっかり眠くなりましたよ(笑)

 

時計に目をやるといい時間になっていたので、
そこで退席しました。

 

この存在って一体誰なんだろう?
ずっと前に聞いてみた。

 

「あなたはどなたですか?」

 

「おまえには理解できない存在だ。」

 

「…そうですか。」

以上。

なので以来、訊いたことがない(笑)

 

この存在さんは決して命令はない。
断言もしない。ゆるーいんです。

 

「してもいい」とか「しなくてもいい」
まったくの自由行動

 

学校でいうと、となりの教室から先生がやってきて

「みんなー。今日は○○先生はお休みだから、自習をやっておくように。」

という感じでしょうか。

 

教科書を読むのも自由だし、復習するのも自由。ワーキャー騒いでもいいし、早弁してもいい。

だからたまに、だからどうすればいい?!

 

逆に聞かなきゃよかったと思ったりしましたが、
存在からすればどうでもいいんですね(笑)

だって何をするにも、何もしなくても!

存在も僕たち人間を観察しています。
だから、ぼくも同じように周りを観察する。

 

あそこで人が悩んでいる、助けてあげなきゃ。

 

とか

 

あそこで瀕死の人がいる、助けてあげなきゃ。

 

と助けない。ただ観察してます。

色々気をもまないからストレスを感じません(笑)

 

だから、同じように気をもまないとものすごく楽です。
そう、楽なんですよ♪

-ネタ・雑記

Copyright© LightWork , 2020 All Rights Reserved.