ブログ

意識とみかん

投稿日:

何度やりそこなっても、
「もういっぺん」の勇気を失わなければ、
かならずものになる。

松下幸之助

 

いい話がありますので、転載します。
有名な話なので、
ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんね。
ーーーーーーーーーーーー

新幹線に乗っていた夫婦が、すぐ近くの席に松下幸之助が座っていることに気がつきます。

夫は彼の大ファンで、どうしても挨拶がしたいと思い、声をかけようとします。

しかし、理由もなく話しかけても、相手にしてくれるかどうかわからない。

そこで妻が、みかんを差し入れて、きっかけを作ればいいのでは、と提案。

夫はさっそくみかんを購入し、彼に差し出すことにしました。

彼は、この申し出を快く受け入れ、しそうに「これはありがとうございます」と言って、その場で皮をむいて食べはじめます。

夫はみかんを渡せたし、あの松下幸之助と話すこともでき、大満足で自分の席に戻りました。

そして、もうすぐ京都に着くという時です。

彼は夫婦の座席にやってきて、「先ほどはありがとうございました。とてもおいしかったです」と頭を下げました。

天下の松下幸之助が、下車する前にわざわざ挨拶をしにきてくれたと、夫婦は動します。

しかし、話はまだ終わりませんでした。

京都駅で降りた彼は、その夫婦の座席が見える窓のところまで来て、深々と頭を下げ、夫婦の姿が見えなくなるまで見送ってくれたのです。

夫は彼の行為に涙します。

そして、家に帰るとすぐに電気屋さんに連絡。

自宅の電化製品すべてをナショナル製品に変えたそうです。

ーーーーーーーーーーーー

「松下幸之助 みかん」で検索すると、
数多くヒットするのでご覧ください。

私も仲間と新規事業を準備中です。
問題は山積み♪(´ε` )

 

諦めるのも、
「やーめた」と手放すのも自由。

 

でもそれこそ、変化をれることと
同意義です。

 

「後ろではなく、!」

 

以前、学んだ言葉ですが、
この単純な一言に大きな意味があります。

我が社の経営理念は

 

感動製業。

 

いつでもどこでも何をしても感動を作る
感動を生むシゴトをしていきます!!

-ブログ

Copyright© 前田勝之公式サイト , 2019 All Rights Reserved.