悩みは繰り返す その2

悩みは繰り返す」の続きです。

解決したつもりがまた起こる。押さえ込んだつもりが、また頭をもたげる。まるでもぐら叩き。記憶の再生というところもあります。「記憶を書き換えれば問題は解決する。」なんていうところもありますが、そんなことはありません。

まず、記憶の殆どは不確かなことが殆どで思い違いが多く、勝手に思い込んだ記憶に原因を求めて、あたかもそこの起因するかのように思うこと自体がナンセンスだということ。

そして、そんなナンセンスなことを更に書き換えるなんてありえないし、書き換えたとしても、所詮金メッキ程度なのですぐに剥がれます。むしろキケンなのは書き換えをするときに数人で行うのですが、主導者が形成したラポールに陥ってしまうこと。いいことなんてありません♪

そして、ふたつめの理由がここに。「記憶は、脳の外に存在する?一部転載します。

————————————

ほとんどの人は、私たちの記憶が頭のどこかに存在していると考えるだろう。しかし、脳専門の医師たちも、一体脳のどの部分が記憶を蓄積しているのか、特定できないという。

そんな中、「記憶は脳の外に存在する」と主張する科学者がいる。一体我々の記憶は、どこに眠っているのだろうか?  

英国の生物学者ルパート・シェルドレイク氏(Rupert Sheldrake)は、「形態形成場(モルフォジェネティック・フィールド)」が存在するという仮説を主張している。

人の知識や経験は、その人の人生が終わる時に消えるのではなく、どこかに蓄積され、そしてそのフィールド(場)には常に皆がアクセスしており、情報を無意識にシェアすることができるという。

個人が感じたことはすべてそこの「場」に送られ、逆にその「場」からそれぞれ個人へ情報や感情などが流れてくるという。従って、「記憶」は脳に蓄積されるのではなく、コンピューターで言えば、「サーバー」のような「場」に存在し、脳はそれを解読する役割を果たすに過ぎないという。

これは、心理学者のユングが提唱した「集合的無意識」に通ずるだろう。

 「もし私がテレビの一部を壊して、あるチャンネルが見られなくなったと仮定しよう。もしくは、テレビの音が出る部分を壊して、番組は見られるけれども、音が全く聞こえなくなったとしよう。

このような状況になったとして、その見られなくなった番組や聞こえなくなった音は、テレビの中にあったと言えるだろうか?(言えないだろう)」

 「ただ単に(テレビの)チューニングシステムが壊れたために、正しい周波数をキャッチすることが出来なくなっただけだ。」

————————————

記憶は集合意識の中に蓄積しているので、書き換えようがないんですね。ただ、書き換えたと思うのは自由ですが♪

前置きが長くなりましたが、問題は起きます。何度も何度も。悩みはなくなりません。繰り返し繰り返しあらわれます。これはどうしようもありません。だって生きているんですから♪

ぼくたち、そして私たちが出来ること。それは受け入れる!諦める、とは違います。かといって悪あがきすることとは違う。

受け入れる!

お金がなかったら、今月どうしようーっ!困ったー!ではなく、

わーい、お金がないよ~ん!

と言ってみる(笑)

誰かからジメジメしたことを言われる。

そっか、そんなにワタシの事を気にしてくれてるんだ♪

笑い飛ばしてみる!

そんなこと出来るワケないでしょ?ばっかじゃないの!

だから、毎度同じパターンなんでしょ?泣きながら毎回バッターボックスに向かって直球を投げているのと同じです。だから、カキーンと打たれるんでしょ?打たれ続けていたんでしょ?

だったら、カーブ投げたっていいじゃん!フォークボール投げたっていいじゃん!今までみたいに拒否ってばかりいないで、受け入れる!

そんな急に言われたって出来ないし…。

いいですかぁ?もう一度言いますよ♪

Let’s Do It!

青龍@なで肩系スピリチュアリストでした。

それではっ!

ためになったなぁ、という方はクリックしてみてください。
与えた分、あなたにシアワセが戻ってきます♪
↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキング  にほんブログ村
いつもクリックしていただきありがとうございます

今回参考にした過去の記事
悩みは繰り返す

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA