伝えること、伝わること

言葉はコミュニケーションをとる大事なツール。言葉って、この地球上にどれだけあるんでしょうか。世界の言語ランキングというサイトによると、なんと6,500種類以上あるそうです!

 
 
 
アフリカのマリで出会った観光ガイドの男は12種類の言葉を話すことが出来ると言ってました。
 
 
 
英語、フランス語、イタリア語、スペイン語、ドイツ語、オランダ語、フラニ語、タマシェク語、ドゴン語、バンバラ語…あとは憶えてない(笑)
 
 
 
読み書きは出来ないと言っていたけど、それでもすごい!世界遺産がいくつもあるから、観光客が多い分、必要に迫られて覚えたんでしょう。

先に述べたように、言葉は最高のツール。話すこと、書くことで相手に伝えることが出来ます。ほらっ、こうやってブログを通してあなたに伝わってますし♪

ですが相手にブロックがある場合は伝わりません。もしくは歪んで伝わります。意図してない方向編解釈して、トンデモなく誤解を受けてしまうことも。

 
 
 
伝言ゲームが良い例です。10人くらい並ばせて、耳元で「豆腐を買ってきて。」と伝えたとしますね。
 
 
 
そしたら、次の人の耳元でごにょごにょ。そのまた隣の人にごにょごにょ。ごにょごにょ、ごにょごにょと続いて、10人目。ハイ、答えは?
 
 
 
「唐辛子の効いたパンツを買って!」
 
 
 
ブッブーーーッ!!
 
 
 
そうやって、どんどん誤った方へ解釈されるんですね。伝言ゲームだけの話ではありません。あなたが観たニュース、あなたが聞いた事件、あなたが体験したトラブル。
 
 
 
言葉を介する限り、誤って伝わるんです。そこには人の先入観が加わります。人の固定概念が入ってきますね。
 
 
 
だから、こうなったんだよ。
ほら、言わんこっちゃない。
やっぱりアイツ、頭いいもんなぁ。
あの人に限って。
 
 
 
そういうフィルターを通すから、どうやったって正しく伝わらない。じゃ、どうすんの?って話。カンタンです。
 
 
 
言葉を信じない(笑)
 
 
 
マジかーっ?
 
 
 
マジッす(笑)言葉は人間に与えられたコミュニケーションのツール。ツールにこだわるばかり、どうしても伝言ゲームになるんです。
 
 
 
動物は言葉を発しません。ワンとかニャァ、コケコッコー。確かに鳴きはしますが、鳴かなくても十分コミュニケーションをとっています。異種間でも。
 
 
 
ということは、彼らも鳴き声に頼ってないですよね?光も色も音さえも人間が認識出来る波長はごく僅かだと言われています。
 
 
 
人間は音であれば、20Hz~20KHzがギリギリの可聴範囲とされています。でも実際はもっと広範囲でしょ?動物が聴こえる音って。
 
 
 
つまり音だけでなく、認識出来ない情報が世の中には無限に存在するってことですよね。私たちは見えるもの以外を信じてきませんでした。
 
 
 
認識出来ないものに、強い不安や恐怖を感じるからです。あなたが信じるべきもの、言葉以外のもの。それは、インスピレーション
 
 
 
なーんだ!なんか、すごい事を言うのかと思えば…ガックリ。
 
 
 
ゴメンナサイ。何かグッズを提案すればよかったでしょうか?護符とか、パワーストーンとか(笑)

感情やエゴから解放された状態で感じる感覚はまさにそう。それが正しいです、最初に出た感覚がね。

 
 
 
その後で湧いてくるものは、願望や社会性、体裁などエゴに絡んでくるので、アウトです。
 
 
 
相手が話す言葉に耳を傾けるトキ、その人の眼を通り過ぎて後方を見る感じ。傾聴しつつ、流すように聴いてください。
 
 
 
文章を読むトキは行間に意識を。書かれているものを繰り返し読む。何度も何度も。そうすることによって、あなたは分からなくても、潜在意識が理解してくれます。
 
 
 
言葉に惑わされず、言葉を読む。

青龍@なで肩系スピリチュアリストでした。

それではっ!

ためになったなぁ、という方はクリックしてみてください。

シアワセがやってきます♪

↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

人気ブログランキング にほんブログ村

いつもクリックしていただきありがとうございます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA