笑いの効能

楽しくないトキに笑う。辛いトキに笑う。怒りたいトキに笑う。泣きたいトキに笑う。悔しいトキに笑う。

 
 
こんな状況では笑えないですよね、なかなか。ぼくだって難しい。ふざけんなっ!笑えるわけねーだろっ!って。
 
 
 
んじゃ、誰かにコチョコチョとくすぐってもらうという手があります。でもこれは拷問ですね(笑)だって、笑わかされているんだから。しかも、あまり長くやると、しばかれます♪
 
 

笑うとガン細胞が消える、免疫力が向上する、幸運体質になる。色々言われていますね。
 
 
 
ラフターヨガや笑いを取り入れたセラピーなどがあるくらいだから、効果があるのかもしれません。
 
 
 
でも、本当に辛いトキに笑えますか?悲しいトキも。ぼくはやっぱり笑えない。ムリに笑ったとしても、虚しさが込み上げてくると思うんです。
 
 
 
前に飼っていた犬が亡くなって、これも運命だからと割り切ってはいたんです。だから悲しむ必要はない。笑って送り出そうって。
 
 
 
でもダメだったなぁ。
 
 
 
やたらと涙がこぼれて。『「幸せになるために笑う」は逆効果』にも書いてあるんですが、
 
 
———————————-
「悲しい時に笑顔を作る場合、人は『笑う』という行為を幸福な気分だけではなく惨めな気分とも結びつけている可能性があります」とMukhopadhyayさん。
 
 
 
「一般的に考えられている以上に、我々は『落ち込んでいる時の笑顔は気分をよくするどころか逆効果で、人々の気分を悪くする』と考えています。
 
 
 
幸せになるために笑おうとすることで、『今自分は幸せでない』ということを思い出させてしまうのです」とのことで、自然に笑顔が浮かぶタイプの人はこれまで通りで大丈夫なのですが、
 
 
 
笑顔とネガティブな感情が結びついている人は、ネガティブな感情の原因となる問題を解決するまで笑わない方がいい、とMukhopadhyayさんは語っています。
 
———————–

もちろん、全ての人にあてはまるなんてことはありません。少なくとも、自分はダメでした。

やっぱりオススメするのは、一度感情を解放することでしょうね。悲しいトキは悲しむ。ムッとしたトキはムッと。辛いトキは打ちひしがれる♪

 
 
 
あとは深呼吸して、心を落ち着かせる。すると、感情がニュートラルな位置に自然とやってくるんです。
 
 
 
心に余裕が生まれるんですね。その証拠に、さっきまで湧いていた感情に踊らされることがなくなる。
 
 
 
そうして安堵の気持ちに包まれると、ふっと笑顔がこぼれるんです。作った笑顔ではなく、心からの笑いが。

感情のブレに流されなくなると、笑みがこぼれます。心に余裕が出来た証拠。これをクセづけてあげると、本当に強い(笑)

 
 
 
だって、笑いがガン細胞さえなくしてしまうんでしょ?幸せ体質になるんでしょ?幸せを引き寄せるんでしょ?
 
 
 
最強じゃないですか(笑)幸せだったら、手も叩けますしね♪

青龍@なで肩系スピリチュアリストでした。

それではっ!

ためになったなぁ、という方はクリックしてみてください。

シアワセがやってきます♪

↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

人気ブログランキング にほんブログ村

いつもクリックしていただきありがとうございます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA