しがみつく

がむしゃらに突っ走って、必死になって、歯を食いしばって、悔し涙流して。

 
 
 
転んでも転んでも起き上がって、膝も肘も血まみれになって、それでもそれでも振り落とされまいと必死につかまって。


そんな中で見つけたもの、手に入れたものは何にも代え難いもの。

 
 
 
だからこそ手放せない。だからこそ信じています。
 
 
 
ノウハウやツール、又は経験かもしれませんね。そういったものこそ、手放すことが必要です。
 
 
 
何故なら固執してしまうと、自らスコトーマ(心理的盲点)を作ってしまうから。
 
 
 
田舎だから何もいい所はないと嘆いていた人がマーケティングを学んだら、逆に田舎の不便さを売りにしてPRしたり。
 
 
 
おむすびには梅干しと昆布としか知らなかった人が、秋田に行ってきりたんぽを知ったこととか。
 
 
 
地方はこうだ!おむすびは⚪︎⚪︎だ!なんて決めかかっていると、自分にプラスになるかもしれないモノなのに見えないんです、なーんにも♪
 
 
 
損した気分になりません?チャンスがあるのに見逃すって。実際そうなんですけどね♪

そのためには創造的破壊が必要です。創造的ハカイ、それは…

恐怖を感じることをやってみる!

やってみたいけど、やったことがないから二の足を踏んでいることって結構あるでしょ?人前で話すこと。電車やセミナーで隣の席になった人に話しかける。独立してビジネスを始める。お一人様で回転寿司(笑)

うわー、苦手だなー。そこで自分にブレーキをかけているんです。先ほど言ったスコトーマですね。自分をぶっ壊すとパーンと殻がはじけて見えなかったものが見える

人前で話す注目を浴びる

隣に座った人と話すまったく違った分野の話を聞くことが出来る

独立する経営者の重みを知る

お一人様回転寿司いつも見られているというのは勘違いだったと思い知る

ほんの一例ですが、これだけでも随分と変わります。行動パターンを変えることで、選択肢が増えるんですね。あとは自分にあった選択肢をチョイスする。それだけ♪

隣に座った人と話すというのは、ユダヤ人からも日本のユダヤ人と賞賛されたビジネス嗅覚の長けていた故藤田田が「 ユダヤの商法―世界経済を動かす (ワニの本 197) 」でも述べていました。

マクドナルドを日本に持ってきた人です。

ビジネスでもプライベートでもなんでもいいです。しがみつくのはちょっとストップ。売り上げも子育ても、やりたいことが見つからないという人も。

一度、握り締めたグーの手をパーにしてみてください。ほーら、ラクになったでしょ?それから、苦手なことに取り組んでみる。行動パターンを変えることが、あなたの人生を大きく変えることの一歩です。

面舵(おもかじ)いっぱーーーーい!

ジャックスパロウ

青龍@なで肩系スピリチュアリストでした。

それでは!

ためになったなぁ、という方はクリックしてみてください。
シアワセがやってきます♪
↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキング にほんブログ村
いつもクリックしていただきありがとうございます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA