悟りの書

今頃になって年賀状を書いています。宛名は筆ペンで。ちゃんとメッセージも添えます。本当は宛名もウラ面もプリンターでチャーッとやっつけた方が早いんですけどね。それだと、味気ないじゃないですか♪

だから、今必死で書いています。といっても、枚数はほんのわずか(笑)極力ストレスがないようにしたいので♪

わたしも今書いているところ、というあなた。一緒ですね、ギリギリにならないとやらないところが。年賀状を仕上げる前に、まずがクリックを!
↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキング にほんブログ村
↑いつもクリックしていただきありがとうございます。

タイトルで検索した方は、きっとこの答えを待っていたのではないでしょうか?誰もが知りたい、そして誰もが興味津々なキーワード。明確な分かり易い説明が、あゆむさんのブログ「あるがままに」にあります。

——————————–

悟りを開くための最も簡単な方法は、

自分の思考を観察する。

ということです。

これだけで、OKです。

この悟るためには、自分の思考を観察する。というアイデアについては、多くの覚者がそう語っています。

やまがみてるおさんの本の中にも、一貫してそのことが書かれていました。

この思考を観察するだけでOKというアイデアは僕にとって大きな救いとなりました。

なぜなら、思考を観察するという簡単な行為であれば、誰にだって(僕にだって)、それは生活の中でちょっと注意するだけで可能な行為だからです。

そして僕は実際に自分の思考を観察しはじめました。

すると本当にびっくりすることを発見しました。

僕は一日中、寝ている時以外は、一瞬も休むことなく、思考しているのです。

自分の頭の中のおしゃべりの止まらなさに思わず笑ってしまうほどでしたが、僕の中のエゴは一日中おしゃべりを、しかもたいていはネガティブなおしゃべりを続けていることを発見しました。

おしゃべりの内容は、ほぼすべて、過去や未来のことでした。

あの時、ああすればよかった…

あの時、彼はなんであんなことを言ってきたんだろう…

という過去に対する後悔や悲しみ

これから、僕の人生はどうなっていくのだろうか…

あの人との人間関係はまた回復することができるだろうか…

という、未来に対する不安や悲観

自我・エゴは全く〝いまここ〟にいません。

この自我・エゴに完全に乗っ取られると人は、ひどく落ち込み、不安神経症になり、うつやノイローゼにまで至ることになります。

僕は、思考を観察しはじめて、それを批判もせず、改善することもせず、ただただ観察し続けました。
そして、
「ああ、僕は〝いまここ〟にいないな…」
ということにだけ気付くようにしました。

そして、不安や恐怖があれば、それから逃げずに、その思考の中に飛び込んで、不安や恐怖を味わうようにしました。

不安や恐怖を味わい尽くせば、かならずその不安や恐怖は消えてなくなります。

なぜなら、それは自我・エゴが作りだして幻想だからです。

そうすることで、僕は〝いまここ〟に帰ってくることができました。

今でも、毎日、真我と自我の間を行ったりきたりはしています。

でも、観察を続けるだけで、自我にとらわれる時間は減り、真我とつながっている状態が増えるようになってきました。

毎日、いろんなことが起きます。

自分のことだけでなく、奧さんのことや子供のことでも、ちょっとした問題は日々起こります。

ただ、どんな問題が起きても、慌てず騒がず、冷静に善処できるようになりつつあります。

長文になってしまいましたが、僕の経験からも、

とにかく自分の思考を観察する

ということを実践するだけでも、人生はずいぶんと好転します。

そして、それが定着していけば、必ず〝悟り〟に到達すると思っています。

—————————————

 
先日、質問を受けたんです。

「悟りってなに?」

ぼくの回答はこうです。

「カンタンに言うと、自分の立ち位置が判るということです。

この世での役割、そして何のために生まれ、何のために生き、どこへ向かっているのか。

全てはひとつだと気付くこと。Aさんと自分、Bさんと自分。

宇宙人と自分。

神と自分。

違いはなく同じだと知る。

だからと言って悩みがなくなるとか、偉くなることはありません。

何も変わらない。変わらないんです!

変わったという人は、恐らく悟ったと勘違いしているだけ。

教祖様になる人は、低級な霊にそそのかされていることが多いですね♪

なんとかの科学とか(^O^)」

本当は悟りなんて、誰でも可能なんです。滝に打たれる必要はありません。護摩行も千日回峰行も要りません。日常の中でこそ見出せるんです。もちろん、セミナーもセッションも受けなくてもいい。修行するのもセッションを受けてもいいですけどね、自由なんで♪

あなたが自分で気付く。誰かに手取足取りではなく、自力で。ここ大事♪悟りました!なんて言って偉そうな人がいたら要注意ですよ(笑)

……。

…。

自分もか(笑)

青龍@なで肩系スピリチュアリストでした。

それではっ!

ためになったなぁ、という方はクリックしてみてください。
シアワセがやってきます♪
↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキング にほんブログ村
↑いつもクリックしていただきありがとうございます

プロフィールを見る→コチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA