最低の心得♪

昨日はとっても天気が良かったですね。久々のポカポカ陽気。朔旦冬至が明け、新生地球誕生にふさわしい一日でした。
 
 
 
少し足をのばして神社へお参り。参拝客はほとんどいません。摂社や祀られていたお大師様に手を合わせてきました。
 
{E009E321-C81E-47D8-B3C3-8FE7D89B21F3:01}

 

 
踏みしめる石段、時折すれ違うカップル。幸せそう、とっても。参道脇にカフェ。たまにはスイーツでもと思い入りました♪
 
{01552AED-AF12-4C3E-8FA7-C8EF07C94ACC:01}

 

 
一口頬張る甘味、お抹茶のほろ苦さ。お一人様ですが、贅沢な昼下がり。いいなぁと思った方はクリックを♪

↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキング にほんブログ村
↑いつもクリックしていただきありがとうございます

今回も面白い記事を見つけたので紹介します。はるさんのブログ「子宮委員長はるの子宮委員会」。

 
 
——————————

そんでね、嫉妬はどこから来るの??って話をいつかしたいと思って今に至るのですが、嫉妬という感情も膣から発電されます。

 
 
 
でね、「嫉妬はしちゃいけない」なんて思い込みは鉄板ですね。そうそう、思い込みであって、ごくごく自然の感情です。

さらにね、これにもメカニズムがあるんです。

質問のあったお話会でもお話させてもらったことなのですが、子宮(界隈)が持ち主に対して嫉妬する時、外側の世界で自分の嫉妬を駆り立てるような現象が起きています。

つまりは、

•自分の本能を無視するような思い込みからの行動をしている時。

 
 

•人に合わせて自分をないがしろにしている時。
 
 

•本当は自分がしたい自由さを他人に見た時。
 
 

に自分の中で嫉妬が刈り立てられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA