人のトキを思う

夕方、出掛ける間際に突然、来客がありました。その人はスペインの方で日本語を全く離しません。夫婦で来られました。

 
 
 
彼の家に何度もお邪魔させてもらったことがあります。男の人で家にあげるのは、関西の牧師さんとぼく。この二人だけと、奥さんが言ってました(笑)
 
 
 
 
とても警戒心が強く、外は兎も角、家の中には絶対入れない。なのに(笑)
 
 
 
 
弟さんが危篤状態になり、急遽変えることになったそうです。
 
 
 
「アフリカーノ!」

そう言うとギューッとハグしてきました。ぼくも返しました、ギューッと。長い長いハグの後、彼の目に涙。

 
 
 
 
彼にはパフォーマーなので、人を喜ばすことが好きなんです。ギターを弾いたり、踊ったり。だから、行く先々で人だかりが出来るんですね。
 
 
でもあくまでもそれはパフォーマーだから。サービス精神が強いんです。逆に言えば、遠く離れた日本に友達がいないから。
 
 
 
よく遊びに来るんです。僅かに覚えた日本語を駆使して伝えようとするんですね。横から奥さんが助け船を出そうとすると、キッと遮って。
 
 
 
「アフリカーノ…シゴト…ビアン?」
 
 
「アフリカーノ…エット…アァ…エ…チョットマッテクダサイ」
 
 
 
彼が上手く話せなくても決して嘲笑しません。アルコール依存性であっても、軽蔑しません。
 
 
 
黙って、うんうんと頷いて聞くだけ。それくらいなんです。それくらいしかしていないんですが、
 
 
 
「アフリカーノ、トモダチ。ネッ‼︎」
 
 
 
もうすぐスペインへと旅立ちます。悲しみのあまり、またアルコールに溺れるかもしれません。ぶくぶく太ってしまうかもしれません。
 
 
 
それでも心配しません。同情なんて何の役にも立たないので。それこそエゴ。自分より下と見下すこと。
 
 
 
だから、また元気な姿で会えることを期待せず、待ってます♪

青龍@なで肩系スピリチュアリストでした。

それでは!

ためになったなぁ、という方はクリックしてみてください。
シアワセがやってきます♪
↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキング にほんブログ村
いつもクリックしていただきありがとうございます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA