ホ・オポノポノをやめた理由

↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキング にほんブログ村
↑いつもクリックしていただきありがとうございます。

ホ・オポノポノを知ったのは、いつだったでしょうか。
かれこれ、5年くらい前かな?

知ったときは衝撃でした。

何せ、とってもシンプル。

しかもカンタンだったから。

今はもう、やっていません。

なぜかって?

必要がないから。

ごめんなさい

ゆるしてください

ありがとう

愛してます

この言葉を発するだけで、あらゆる問題が解決する。

全ての出来事は全て、太古から蓄積された記憶が再生しているだけ。

その記憶を前述の4つの言葉を唱えるだけで、クリーニングされる。


最初はにわかに信じられませんでした。

が、ものは試し。

もともと肌が弱く、腕に湿疹が出ていたのでやってみた。

自分の潜在意識の中で、どこに原因があるんだろう。

ごめんなさい。

ゆるしてください。
ありがとう。

あいしてます。

声に出さずに、

ゆっくり

ほんの2、3回くりかえした。

…。

痒みがとまった。

!  

うわっ、ホンモノだ。

でも、

気のせいじゃないか?

偶然だよ、ぐ・う・ぜ・ん。

他に困ったことはないかな。

あった!

そういえば、
仕事で取引先から無茶な要望があったな。
これをクリーニングしてみよう。

自分の潜在意識の中で、何が問題を起こしているんだろう。

ごめんなさい。

ゆるしてください。

ありがとう。

愛してます。

その日。

何も変わらず。

次の日。

やっぱり何も変わらない。

その次の日。

…。

なーんにも変わ…

った!

あれほど、避けられそうになかった問題が、

すんなり解決した!

えーっスゴイ

すごいやん!

もうその日から、毎日毎日ホポノポノづくし。

車の事故を見たら、クリーニング。

霊柩車を見たら、親指隠さず(古っ)クリーニング。

いいことがあっても、クリーニング。

この世で起きることは悪いことであっても、過去の成功体験であっても全て、

記憶が再生しているだけ。

クリーニングすること、即ち無の状態になること。

色即是空

空即是色

毎日毎時毎分

クリーニング、クリーニング、クリーニング、クリーニング…

どれくらい続けただろう。

1年半くらいか。

他にも色々試した。

真っ白い紙にクリーニングしたいことを書く。

例えば、両親兄弟の名前、取引先の名前、住所、電話番号を箇条書きにし、

紙を裏返して、重なるように

CEEPORT

となぞる。

Cleaning(クリーニング)

Erase(消去)

Erase(消去)

PORT(港)

のことで、ホ・オポノポノを広めているヒューレン博士がある日突然、この言葉がひらめいたそうだ。

本に詳しく書いてあるから読んでみるといいです。

その内、

飽きてきた。

そう、ぼくは飽きっぽい人間。

一体いつまで続ければいいんだろう?

「それは生きている限りずっと。」
 

たしかに、いいこともあるが、不条理なことも。

目の前で起こることは偶然ではなく必然。

全て自分に必要だから起きている。

事件、事故、トラブル、犯罪。

人間が起こすことはどうしようもないことばかり。でもこの世に現象として起こるということ自体必然なんじゃない?

それを起こるべくして起こったとは認めず欠けている、あるいは不足を感じるのは自分たち人間だけじゃない?

だとしたら、クリーニングんて必要はないんじゃないの?
 

前述したように、この世はすべて完璧な均衡の元に起こっています。

本来、怒りも、悲しみも、喜びも、何もない。

無。

無を満たすものは神の領域であり、エネルギーであり、形而上学でいうMetaの世界。

そこは愛でみたされている。
一見、悲劇とも悲惨とも思えることも実は愛の形で、それを愛だとは思わず罪だという思いでクリーニングすること自体が間違い。

「こんな目に遭うなんて、なんて日だ!」

なんて日だ

「じゃあ、クリーニングしよう。」

これは間違い。

そんな出来事でさえ、愛のカタチ。

ごめんなさい。
ゆるしてください。
ありがとう。
愛してます。

言わなくてもいい。愛してるって言わなくていい。

セルフイメージが低く、どーせ自分なんて!って思っている人には有効です。でも、最初だけ。そこから次のステップ。

意識的に言ってきたクリーニング、「愛する」っていうことからの開放!

手放すんです!

愛あるものに何度も何度も「愛してるよ~♪」って言わなくてもいい。ひつこいワ(笑)

青龍 なで肩系スピリチュアリストでした。

それではっ!

ためになったなぁ、という方はクリックしてみてください。
シアワセがやってきます♪
↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキング にほんブログ村
↑いつもクリックしていただきありがとうございます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA