自分のステージ

ぼくは左利きです。ボールを投げたり蹴ったりするのは左。ですが字を書くのは右。箸は両方、カッターを扱うのも両方です。便利なのかややこしいのか、よく分かりません。ですが、バーベキューや鍋の時は便利です。右手で具材を入れて、左手で食べる(笑)

両方使えるという方はクリックをお願いします♪
↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキング にほんブログ村
↑いつもクリックしていただきありがとうございます。

スポーツは特に好きではなく、プレイをしても面白いと思ったことがありません。観戦も正直そんなに興味がないです。ですが、空手をやっていました。帯は緑でしたが…

基本、構えは左なんです。右の構えの人からすると、やりづらいそうなんですね。防具をつけて組手をしていましたが、相手のレバー(肝臓)をバシバシ狙えるわけです。急所ですね。

で時々右構えで虚をつく。なんてこともやっていました。多用すると意味がないんで、時々。あ、誤解しないでください、強くなかったですから(笑)

そんな自分だけの攻めと守りで空手をやっていました。もう随分前のことです。懐かしい。空手でたとえましたが、自分のステージを持つということが言いたかったんですね。

仕事でも同期や先輩、後輩がいますよね。同じ部署や違う部署でもいるんですよ、ライバルが。ガンガン仕事する人や要領のいい人は卒なく仕事をこなしたりする。成績もいいわけですよ。

あなたは違うかもしれないけど、きっと悩むと思うんです。なんで自分はいつもこうなんだろう?どうしてアイツみたいに上手く立ち回れないのかなって。

一所懸命やってはいるんだけど、全力で空回りみたいな。こっちはハァハァ息切れ切れなのに、時間ばっかり経ってちっとも前に進まない。

やっぱりダメなのかな、自分て。

スランプになったり、きっとダメなヤツなんだと皆言ってるんだぜ、きっと!勝手にそう思って孤立したり。でもね、周りと同じステージに立とうとするから苦しくなっちゃう。

ぼくはサラリーマン経験がありません。社内にライバルはいません。何故なら自分ひとりだから(笑)でも全く気にしませんでした。何故なら、ある方法を使ったんです。それは

自分というジャンルをつくる♪

営業でも作業スタッフでもなんでもいいんです。どこの所属してたっていい。営業部オレ課みたいな(笑)

ぼくは20代をずーっと旅人として過ごしてきたので、まともに働いた経験がない。これが良かった(笑)先入観がないんですよ。こうしないといけないっていう。

でもやっぱり挨拶の仕方とか、目上の方との接し方とかありますよね?まぁ、こんなものは自然と身に付いてくるんです。

ぼくはまず名刺ってつまんないなって思ったんですよ。だって普通じゃないですか(笑)
だからここを変えてようって。

で思いついたのがパラパラ名刺。小学生の頃、修学旅行の前くらいに「旅行のしおり」って作りませんでした?こういうヤツです。

原版辺の短い方を真ん中から二つに折る

一度開いて、今度は辺の長い方を真ん中から二つに折るそのままさらに真ん中から二つに折る

一回開いて、折り目の方から中心までハサミで切り込みを入れる一度完全に開いて、辺の短い方を真ん中から折る

切り込みを入れた部分を外側に押し出し、上から見て十字になるように折り込む表紙が表になるように、二つ折り

これを名刺にできないかなって。それで考えたのが、取扱説明書。家電製品を買うと必ずついてくるでしょ?アレ。ぼくのトリセツ(笑)

自分の全身図を書いて、目/遠くまで見通せる。とか、お腹/ココイチで1300グラム完食!みたいに。

今、手元に当時の名刺がないので、後日アップしますね。

ヘンテコリンな名刺だったので、絶対名前は覚えてくれるんです。「あー、あの名刺の!」って。当初は言葉遣いは滅茶苦茶だったと思いますが、どこに行ってもウケましたし、仕事ももらえました。

自分というジャンルで、自分というステージに立つ。ライバルはいません。もし、あなたが自分に自信がなかったり、落ち込みぎみだとしたら気にすることはありません。

人と比べるから苦しいんです。比べることのない、比べられることのない自分というステージ。ぼくと同じ名刺は作らなくていいですからね。結構手間なんです、あの名刺(笑)

今苦しいのだとしたら、ステージをずらしてみてください。今悩んでいるのなら、自分というジャンルを作ってみてください。

あなたはあなたで素晴らしい存在!神がつくり給うた特別な存在です。光です、エネルギーの集合体です!自分なんてって思う必要はありません。

今日という一日はあと数時間で終わりますが、寝る前に心の中でこう呟いてください。

「我は光なり、全能の神なり」

あれっ?斎藤一人さんも似た言葉を言ってましたっけ♪この言葉もセルフイメージを高めてくれます。是非、やってみてください。

なで肩系スピリチュアリスト 青龍でした。

それではっ!

ためになったなぁ、という方はクリックしてみてください。
シアワセがやってきます♪
↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキング にほんブログ村
↑いつもクリックしていただきありがとうございます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA