繋がる

今朝、メールがありました。

「○○でタイヘンなので、誰か紹介してもらえませんか。」

商品が余ってしまい、生鮮食品なので時間が経つとダメになってしまうらしい。
そうか、困っているんだ。
そこで、何人かにメールしました。

返事は…。
うーん。
明日だもんな。

ぼくも用事があるし。
こんな時こそすること、それは

自分を俯瞰してみる

そうすると、自分の立ち振る舞いや
周りの状況、
次に自分のすべきことが

ポンポンポーンと
明るくなって見えてくる。

メールをくれた方に返信。

「何人かに伝えました。全員からまだ返事はありませんが、
○時までに再度ご連絡します。」

これ以上深く考えることはしません。
もちろん、心配も。

余った商品の行く先が決まっても、
そうでなくても、全て思いどおり。

ぼくが気を揉まなくても解決します。
余った商品をどうすればよいか、
本人が一番良く知っているんですから。

面白いブログを紹介します。ぼくの知人でドラちゃんと呼んでいる彼。どうしてドラちゃんかっていうと、

ドラえもんに似ているから(笑)

ものすごいパワーがあって、トークも面白い!だからかもしれないけど、昨年広島で行われたセミナーコンテストで優勝までしている。
井上寅次郎(ドラちゃん)のブログ「笑いの人生に生きる」から一部抜粋します。

———————————————
人と人をつなぐってのは

メチャメチャ大変なことなんです

たとえば

彼女から電話があって

車が壊れたーー

エンジンがかからん

あなたの親友は自動車整備士

どーしますか?

僕の後輩みたいに

ピーンときたら

すぐ紹介するのも1つかもしれません

でも大事なのは

ちゃんと聞くってことです

エンジンかからんのなら

ギアはパーキングに入っとるか?

ガソリンはあるか?

まわしたらキュルキュルいうか?

けっきょくは誰かを紹介するにしても

何の情報もなかったら

紹介される方も困りますから

もう昔のことですけど

あの時ビルのオーナーに

僕のことを

4拍子そろった

完璧な男だと紹介していたら

敷金礼金なし

家賃2万ぐらいの

ワケあり物件を貸してもらえたかもしれんのに

人と人をつなぐことは

メチャメチャいいことだと思うけど

ちゃんと話を聞きだせるやつがやらんと
みんな迷惑しますよ
—————————————————

当たり前のことですが、誰でもやってしまいそうになると思うんです。
相手が焦っているときに、こっちもなんとかしてあげないと、
と頑張ってしまう。

助けることは素晴らしいことです。
相手の役に立てるのならと張り切ること自体悪いことではありません。

どんな状況であれ、自分を客観視することで適切な判断が出来ます。
困った状況を持ち込まれたことは不完全なことではありませんし、
そこには前世も過去に起こったことも、記憶に原因があるなんてことはないんです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA