自己犠牲

台風が近づいているというニュースをネットで見た朝。
確かに風が吹いている。
きもち、少し強いという程度か。

いつものように事務所のデスクに座り、ちょこまかとデスクワーク。
えっと、今日の予定は…

スケジュール管理をiPhoneのアプリ、Awesome Noteを開いた。
うーんと、特に人と会う約束もないし、のんびり出来…

……。

…。

出来ない!

15分後に約束が入っている!!!

っと、大慌てだった朝。
こんなゆるーい一日がスタート。

読んでいたブログにこんな記事があった。

その人は、ヒト科。世界で一番素晴らしい生物。

というタイトル。

みつろうという方が書いている
笑えるスピリチュアル ~ 知ってるトキはシっている ~」というブログだ。

記事の中に、
僕たち人間は、自分自身の幸せを願うのがヘタクソです。
という一文があって、

本当にその通りだと思った。
世の中の風潮というか、世間的にヨシとされているのは

人のため

ということ。

人との関わりで生きていく中でとても大切なこと。
親は子のためにせっせと働き、
夫は家族のために一所懸命働く。

それは肉親だけに限らず、
トモダチのためとか、
恋人のためとか。

表現はいろいろだ。

学校でもそうなんだけど、親からも「人のために何かをしなさい」とか、
周りからはボランティアに積極的に参加したほうがいいとか。

いつもそこには自己犠牲という意味が含まれている。
さも美徳かのように言われているけど、
呪いのようにも受け取れる。

自己犠牲は自己を犠牲するということなんだけど、
裏返せば自分をないがしろにしていると言うこと。

自分の幸せを犠牲にしているとになる。
「人の幸せを願うことや人が幸せになることこそ、自分の幸せ。」
と必ず答える人も多い。

きっとあなたもそう答えるだろう。
では、あなたがボロボロの服を着て、ゴハンも食べてなくてガリガリで、
今にも死にそうな時でも、他の飢えている人に食べ物を差し出すことが出来るだろうか?

そんな自分が不幸な状況で本当に人の幸せを願うことが出来るだろうか?
そんな中で食べ物をもらった人は果たして気持ちよく受け取ることが出来るだろうか?

マザーテレサのような聖人ならまだしも、きっと出来ないはず。
これは極端な例だけど、
まずはあなた自身が幸せになることが必要なんだと思う。

あなたが十分幸せを味わって、その余った分を他の方におすそ分けする。
これがあなたと他者の両方を幸せに出来る方法だと思う。

とても面白い記事なので、読んでみてほしい。

笑えるスピリチュアル ~ 知ってるトキはシっている ~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA