悩みはなくならない その2

昨日の続きです。
悩みについて。
よく分からない方は「悩みはなくならない」をご覧ください。

正確には、悩みが悩みではなくなるという事なんです。困ったことが、困ったことではなくなるということ。

 

 

あなたならどうしますか?
悩みを克服しようとか、カラオケでさんざん歌ったり、やけ酒で忘れようとしたり。またはグッと押し込んでガマンしたり。

 

 

世の中には悩みを消す色んな方法があります。目の前に表れる現象は全て過去からの記憶が形を変えたものという考えがあり、4つの言葉でクリーニングする方法。

 

 

「ごめんなさい」「ありがとう」「許してください」「愛してます」

そう、ホ・オポノポノです。他にも、両親の記憶に起因し、その記憶を「愛してます」と言うとクリーニングするという方法。

 

 

これはホ・オポノポノから派生した考えですが、

現在起こる現象は全て両親の記憶から起こるもの。

その記憶を愛してあげることで悩みが消える。

 

 

こちらは両親にまつわるイヤな思い出や記憶を書き換えをするというものです。

記憶はハッキリしているようで実は、虫食いだらけのもの。

つぎはぎだらけなんです。

 

 

つまり脳が都合よく組み立てた内容となっていて、実は思い違いがほとんど。

いや絶対そうに違いないと言うことでさえ、自分の都合の良いよう覚えているだけなんです。

それをハッピーな記憶に刷りかえることで、悩みそのものをクリーニングするという手法。

 

 

色々あります。

僕がやっているのはどちらとも似てるようで違う。

前出のものは記憶に起因していると言っていますが、

ぼくの解釈の場合は起きている現象に対して原因を追究しない。

 

 

ただ、起きている。

そう、理由付けする必要はないんです。

 

 

よく、前世からのカルマがとか、先祖の供養が足りないとか、

死んだ○○があなたに霊障を起こしているとか、

そんなことは関係ありません。

 

 

ただ起きている一つの出来事に過ぎません。

なぜなら説明や後付するのが人間だけなのだから。

問題だとしているのは、あなただかなのだから。

 

 

何か問題が起きたとしましょう。

たとえば、あなたが親から突然文句を言われた。

 

 

「部屋を片付けるといって、全然キレイにしないじゃないの!早く掃除しなさい!」

 

あなたからすると、いつも頭にはあったけど忙しくてそれど頃ではなかった。

今やろうとおもったけど、その矢先に言われて気分が悪い。

 

 

親からすると、あまりしつこく言うといけないから、放っておいたけど、いつまで経っても

掃除をする素振りがないから、ちょっと促しただけ。

キレイにすれば気分もいいし、勉強もはかどるのにどうして掃除しないか分からない。

 

 

どっちにも言い分が合って、どちらが悪いか判断する必要もない。

 

ただ、

 

 

「文句を言う親」「文句を言われる子供」

 

 

ただ、このことが起きた。ただそれだけだ。

 

 

もしぼくがこの子の立場なら、

文句を言われ、ものすごく腹立たしく感じるだろうし、

イライラするだろう。

 

 

この時、ちょっと自分の意識をひょいっとリアルな自分の上のあたりにもってきて、

自分を観察する。

自分の感情のゆれを。

 

 

「ははーん。今、自分はイライラしているな。」と客観的にみて、

イライラしている自分を認める。

 

すると、主観で見ていた状況から、じわーっと周りの様子が見えてくる。

親の怒ったときの感情のゆれ、ちらかった部屋の様子、そのときの自分の様子。

 

 

怒られたのは確かにイヤなことだけど、

汚くなった部屋のままでいたら、確かに足の踏み場もないし、

トモダチを中に入れようなんて思わないだろうな。

 

 

と、今まで見えなかったことが色々見えてくる。

よく見ると、確かにキタナイ。

 

 

 

キレイにしよっかな。

と自発的に掃除をしようという気になってくる。

 

 

大きなポイントは、親から怒られたからイヤイヤするのではなく、

言われたことは確かにイヤだけど、納得して掃除をする。

この違い。

 

 

悩みも一緒で、あなたはただ単に欲求が満たされなかったり、不足を感じたりかもしれないけど、

自分を俯瞰してみると、周りの動きや感情のゆれなどがフシギと見渡せて、

悩んでいたことが全く気にならなかったり、

 

 

あるいは、悩んでいた答えがスッと出てきたりする。

先日書いた箸箱メソッドのことがまさにそれだ。

 

 

元々悩みなんてない。存在すらしない。

だから、ないものはなくならない。

 

 

自分を俯瞰してみることで悩みの存在は消えるし、

解決方法も見つかる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA