引き寄せだけがシークレットではない

今まで引き寄せやホ・オポノポノなど、色んなメソッドが出てきた。

他にも色々あるけど、自分で探してみるといい。

検索するとたくさん出てくるので。

 

 

引き寄せの内容で面白い記事があったので紹介する。

Fujiko Katadaさんのブログ「~理想の私を現実に引き寄せる~女優流・実演ビジョニングコーチ

 

「スチュワーデス物語」「西部警察」にも出演されたことのある方で、

引退後はアメリカ弁護士の秘書を経験されたり、NLPやコーチングなどに出会い、

今ではセミナーや講師などをして活躍されているFujiko Katadaさん。

 

分かりやすく書いているので、読んでみてください。

 

—————————————————————–

 

2007年秋に日本に紹介されたロンダ・バーンの『ザ・シークレット』の元になった本をご存知ですか?

それは、『ザ・メタ・シークレット』です。この本では、宇宙の7つの法則を紹介しています。


¥1,944
Amazon.co.jp

『ザ・シークレット』は、この7つの法則のうち、「思考の法則」=「思考は現実化する」を書いたものです。

 

 

この7つの法則のひとつに、

「波動の法則」というのがあります。それは、「私達の感情の波動は似た感情の波動を引き寄せていく」というものです。

 

 

私のオリジナル講座は、この考えがベースになっています。

つまり、願望を達成したときの感情や、喜びを、現在の日々の生活の中で感じることで、それと同じ波動のもの=チャンスを引き寄せるということです。

 

 

もうひとつ、私が注目している法則は、「投影の法則」です。

 

 

それは、「私達は自分の内側で起こったことを外側の世界に映し出すようになっている」という法則です。

人間は、他人から認められたいという承認欲求を持っていますが、そのまえにまず「自分を自分で認めること」「自分で自分を愛すること」が必要です。

 

 

満たされない心のまま、「欠乏感」や「劣等感」を持ったまま、外からそれを求めても、永遠に満たされることはありません。

 

 

そうではなく、まず、「自分を愛し、認めましょう」

 

 

そうすれば、いまのままで「豊かさ」や「幸せ」を感じることができます。

そうして、初めて、「満たされた波動」を発し、それを同じ波動のものを引き寄せることができるんです。

自分と会話して、自分の感じていることをノートに書き出してみましょう。

 

 

愚かな考え、否定的な考えも全て書き出してみるのです。

そうすれば、いかに、心ない言葉を自分にかけているか愕然とするでしょう。

自分を愛することから、まず、始めてみませんか?

 

 

——————————————————————————–

 

引き寄せはかなり有効だ。

どんなに混んだ駐車場でも、一番いい場所にスッと駐車できた。

 

どんなに困った状況でもうまく回避できた。

お金が必要なときは、必要な分がちゃんと入ってきた。

 

 

なんだやっぱりスゴイじゃないか!!

 

そう見えるけど、実はよくないこともある。

その時は

 

「よっしゃ、今度も引き寄せてやったゼ。」

 

と喜んではみたものの、

実は必要のないことであったり、引き寄せない方がよかったこともある。

 

 

車を1階の玄関に近いところに駐車できたけど、

イベント会場は隣の棟だったとか。

 

 

その時はお金が必要で、丁度その金額は手に入ったのに

借金だけ残ったとか。

 

 

引き寄せは自分の思いや願望を、

既に叶っているものとして受け止め、

そのように振舞う。

 

思考を現実化するという本では

 

「Be」「Do」「Have」

 

で表していた。

普通は

「Have」車やバックなどほしいものを手に入れて

 

「Do」使ったり持ち歩いたりして

 

「Be」シアワセな気分になる。

 

 

この順番。

だけど、引き寄せでは逆で、

 

 

「Be」手に入れたときのシアワセ感にひたる

 

「Do」既に持っているかのように振舞う

 

「Have」それが手に入る。

 

これも面白い本なので、興味がある方はどうぞ。
思考は現実化する―アクション・マニュアル、索引つき

 

 

Fujiko Katadaのブログにも書いてあるように、引き寄せだけ理解しても意味がない。

劣等感や不足感を抱いたままでは効果はないし、引き寄せられない。

たとえ引き寄せたとしても、そのときの自分にあったものかどうかも疑わしい。

 

 

本当の意味でシアワセを願うなら、都合の良い引き寄せはしないほうがいいと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA