やってはいけない太陽凝視

下記の内容は自己責任でお願いする。

 

カンタンに言うと、太陽を見つめるとカラダが恐ろしく調子が良くなるということだ。

それだけではない。

 

「松果体」のスィッチを入れるためでもある。

松果体にはセロトニンというホルモンがあって、左脳を抑制し、右脳の働きを増大する働きがある。
つまり、人間の潜在意識を開発する働きがあるということだ。

 

このホルモンの力をうまくコントロールすることによって、左脳と右脳のバランスが良い新人類へと進化していくのではないだろうかと言われている。

 

また古代エジプトでは「ラーの眼(ホルスの眼)」と呼ばれ、
松果体

 

シンボリズムとして使われていた。

 

松果体には結晶化された図書館があり、その中にはDNAの12層の知恵がある。
DNAの12の層とは原始の人間、完成された人間の情報が記録されている。
多くの人はこのDNA12の層のうちの2つの層のみ活性化されているが、魂に働きかけると、人間の結晶構造(DNA12層)を目覚めさせることになる。

 

ほかにも
1.精神的緊張・不安・ストレス・恐怖がなくなる
2.健康になる
3.ポジティブになる
4.意識レベルが上がる

 

など。

 

世界を見渡せば、何年にわたって不食の人がいるが
    

共通しているのが太陽を凝視していること。

 

ただし、すっかり日が昇った状態の太陽ではない。

 

日の出
日の出

もしくは

 

日没一時間前の夕陽だ。
夕陽

 

太陽を凝視することで、太陽エネルギーを頭頂や眉間の「第三の目」から取り入れ、大気中のプラーナとか呼ばれるエネルギーもまた、口から呼吸によって取り入れる。

 

 

ここまで読んで、こう思っただろう。

 

 

 

 

 

 

信じられない

って。

続きを読んでほしい。

 

 

 

 

実施方法がブログに掲載されていたので紹介する。

サンゲージング(太陽凝視)のやり方

HRMはサンゲージングのやり方を何年にも及ぶ研究結果からあみだしました。サンゲージングは誰でも世界中の何処でも、季節を問わず行うことができます。サンゲージングの1回の実施は9ヶ月間かけて行います。それは3段階に分かれています。

1、最初の3ヶ月
2、3~6ヶ月
3、6~9ヶ月

9ヶ月後からはライフワークとして45分裸足で毎日ウォーキングをします。

最初の3ヶ月

サンゲージングを始めた最初の日は安全の為日の出後1時間、日の入り前の1時間内の時間帯に最大で10秒間太陽を直接見つめましょう。その際に可能であれば裸足で大地に立ってゲージングをすると効果がより上がります。次の日には20秒見つめましょう。それからは毎日10秒ずつ時間を伸ばしていきましょう。そうすると、10日目には100秒になります。続けていくと最初の段階が終わる頃にはもっとポジティブで自信と思いやりに溢れ、恐れが無くなっていくでしょう。

3~6ヶ月

3ヶ月終わる頃にはゲージング時間は15分ほどになっているでしょう。この頃から多くの人では肉体的な疾患が治癒し始めます。HRMは70~80%の食べ物から得られたエネルギーは脳が緊張や心配の処理のために使われていますが、新しい生産的なフリーエネルギーを得ることで3ヶ月でこうした緊張感はなくなっていきます。それから食べ物があまり必要で無くなるかもしれません。

ゲージング時間が30分に達すると肉体的な病気からゆっくり解放されるでしょう。それからすべての臓器は必要なプラーナ(生命エネルギー)を太陽から直接得ることになります。
身体はエネルギーが欲しくなりますが、食べ物は欲しません。HRMによれば食べ物は実際には2次的なエネルギー源で、人類は植物がクロロフィルで光合成するのとはまた違ったメカニズム(太陽光発電のような)で光合成をしていくという事です。

6ヶ月過ぎればあなたは人生を手中に入れるでしょう。

6ヶ月から9ヶ月

6ヶ月後からは太陽エネルギーからくるマイクロフードを栄養源として利用できるようになってきます。食べ物に入っている毒物を摂取しなくていいという付加的な価値が有ります。約7.5ヶ月後或いは35分くらいサンゲージングが続けられるようになった頃には、食欲はかなり無くなっているでしょう。食欲は身体がエネルギーを欲しがっている結果湧いてきます。今までは太陽エネルギーを食べ物を食べることによって間接的に摂取していましたが、今度は太陽エネルギーを直接利用するようになるのです。

8~9ヶ月後(サンゲージング44分間)、食欲は殆ど湧いてこなくなると言います。そうならない場合は、あなたがこのプロセスを信じていないか、もう少し時間がかかるのかもしれませんが、それはすぐに達成可能です。この時点で重要なことはエネルギーレベルがとても高く、とても健康と感じることです。

9ヶ月後

9ヶ月後、目にとって安全域の限界に達したので、目の保護のためにサンゲージングは中止したほうが良いでしょう。しかしながら身体のエネルギーが枯渇したら、再度充足してあげる必要が有ります。再度充足する為には裸足で、日中土の上を歩くといいでしょう。そうすると、多くの太陽エネルギーが充足出来ます。
千葉市で矯正と予防歯科を中心に診療しているフレンズ歯科クリニックのブログです」より転載

 
それほど難しくはない。

ただ早起きをすればいいくらいだ。

 

 

ただ、心配なのは太陽を凝視すること。

昔から、キケンだと教えられていたので、躊躇してしまう。

 

が、こんな方法もある。

下の画像は、エジプトの王様、お妃様、王子たちが太陽凝視をしているレリーフ

 

よく見ると、

 

直視ではなく、おでこで受けていることがよく分かる。
太陽凝視

 

これなら、眼へのダメージは関係ない。

 

 

1.精神的緊張・不安・ストレス・恐怖がなくなる
2.健康になる
3.ポジティブになる
4.意識レベルが上がる

 

 

そんなものは必要ない、というのなら、太陽凝視なんてやらなくてもいい。

 

 

精神世界ランキング
人気ブログランキングへ

Nowhere, but I’m now here.
あなたのそばで心を灯す。ワクワクを創造する。光の灯台、ライトワーカー・メーダ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA