生きたいように生きる その2

では、本当に好きなこととは何だろう?

仕事と答える人もいるし、本を読んでいることと答える人もいる。

中には、寝ることと答える人もいるだろう。

ただ、寝ている間は意識がないので、楽しいこととは言えない。

 

棋士の羽生名人を知っているだろう?

将棋を知らない人でも耳にしたことがあるほど圧倒的な強さを誇る人だが、 彼はオフの日は一体何をいているのかというと、やっぱり将棋(笑)新幹線の移動時間でも棋譜を凝視してシミュレーションをしている。

 

もちろん、移動は新幹線だけでなく車もある。 自分で運転はしない。

運転させてもらえないから。 あまりに運転が下手だからではない。

 

運転中でさえ、将棋のことで頭がいっぱいで、キケンだからだ。

もちろん、家でも頭の中は将棋、将棋、将棋。 家にはちゃんと帰っていたけど、家庭のことまで頭が回らなかったからか、 結局離婚してしまったが。


《sponsored link》

それほど、彼は将棋が好きで好きでたまらないということ。

これはほんの一例だが、好きを突き詰めていくと、

そこに幸せがあるということだ。

 

「好きなことだったらなんだっていいのか?」

「人の迷惑になることでも、やっていいのか?」

 

好きなこと=やりたい放題、ではない。

ましてや犯罪に手を染めることなどもってのほかだ。

 

怒りや、自制心のない勢いだけの行動には「愛」がないから。

今働いている仕事をやめて、あるいは家族を犠牲にして好きなことをするのも選択肢の一つだが、

それがベストな答えか否かは、あなたの状況にもよる。

 

昆虫採集が好きだからといって、突然仕事をやめて毎日、網と虫かごを持って山に行くなんてしないだろう。

そばを打つのが好きだから、隠れ家のような場所で店を出して、知る人ぞ知る通の店にするんだと言って、

口コミを期待して宣伝も何もしないなんてことはしないだろう。

 

是非やってもらいたいのは、

出来る範囲内で、ワクワクすることを選択する!

だ。

家のことをしていて、ごみ捨てと、洗濯物をたたまないといけなかったとする。

正直、どっちも

メンドウクサイ

やりたくない。

そんな時は、

 

どっちが楽しくできるかを考える。

 

 

いやいや、どっちも楽しくないし。

そうだね、楽しくないね、たしかに。。

では、こう考えたらどうだろう。

 

では、ゲームにしてみる。

洗濯物を10分以内で完了したら、大好きなお菓子が食べられる。

もしくは、

ごみ捨てをしている間中、息を止めていられたら、自分にご褒美をするとか。

 

なんだっていい。

自分がワクワクして楽しむことだ。

自分が楽しめて、ワクワクを求めていくと、自ずとやりたいことや好きなことで道が開けていくということだ。

 

ビートたけしさんや羽生名人、その他各方面で活躍している人に共通しているのはひとつ。

好きなことをしていること。

 

彼らが特別ではない。確かに天才もいるが、人生を楽しむ秘密を彼らだけが持っているのではない。

あなたも好きなことをすることが、人生を楽しめることへの第一歩になる。

 

是非、クリックをお願いします。
精神世界ランキング
人気ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA