この世にあるもの

目の前で起こること、目の前に現われる人、目の前から消えること。素晴らしい人も、気分が悪くなるようなこと、美しいもの、吐き気を催すような出来事。繰り広げられること全てが意味があること。そして自分に必要なメッセージが込められています。

 

それに気付くかどうかは自分次第。

 

先日電車に乗りました。ものすごく久しぶり。座るところがなく、ドア近くの吊り革につかまっていました。前から孫を連れた女性が近づいて来たんです。ぼくがスッとよけると軽く会釈してきました。

 

あっ、ゴミが付いてる。

 

教えてあげようと思いましたがやめました。耳たぶにクモ。刺青でした。中肉中背のばあちゃん。元ヤンでしょうか。そのままドア上に貼り付けてある駅順表で確認し始めました。

 

駅を過ぎるたびに、乗客も減ってきたんです。席が空きました。ぼくはそのまま動きません。するとススーッと孫の手を取って4人掛けの席に座りました。

 

すると、隣の通路側に座っていたおじいさんが突然怒鳴り声を上げました。

 

「おい、今おまえの荷物がワシに当たったんゾ。謝らんか!」

 

電車内は怒鳴り声でシーン。ばあちゃんはヘラヘラ笑ってます。

 

「荷物が当たったって、言っちょろうが!おーっ?」

 

ばあちゃんは首を傾げてます。

 

「おい、コラ!クソババァ!謝らんのんか!当てちょいて、謝らんのんか!」

 

窓の外を向いたままのばあちゃん。元ヤンではなく、その筋の方でしょうか?悪気は無かったにしろ、一言伝えるだけでも違うと思うのに。誰も仲裁に入りません。ぼくもですが。

 

仲裁に入ると火に油を注ぐ。そう感じたと同時に、そのトキ自分が抱いたイヤな気分の原因を自分の中に探してみました。これかなぁ、と思うことを見つけました。すると次第にじいさんのトーンが落ちてきました。時折、思い出したように、ばあさんの方へ向かって吐いていましたが、その内電車を後にしました。

 

ばあさんは相変わらず窓の外を見たまま。ここまで無視できるとは、耳たぶにあるクモの刺青といい、ただ者ではありませんね(笑)

 

どっちが悪いかは分かりません。じいさんに当たったのかもしれないし、当たってないのかもしれない。でもそんなことどうでもいい♪ぼくには関係ない。ただ、目の前で起こっている事が不快だと思いました。

 

目の前で起こる事は全て意味がある。同時に、自分の内面を映し出して現象化させている。恐らく、

 

思いがけない事でトラブルになるかもしれない。だから、心配するのではなく気を配れ。

 

そういうメッセージだということが分かりました。人のせいにするのはカンタン。人を排除するのもカンタン。ですが、問題を解決した事にはならず、ただ臭いものにフタをしただけ。だからまた臭ってくる。問題の本質は自分の中にあること。そして、原因が何かを突き止める。それだけで気持ちが楽になります。

 

青龍@なで肩系スピリチュアリストでした。

 

それではっ!

 

ためになったなぁ、という方はクリックしてみてください。

 

与えた分、あなたにシアワセが戻ってきます♪

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

人気ブログランキング にほんブログ村

 

いつもクリックしていただきありがとうございます

アメクリップ

ブログを紹介し合って人気ブロガーになれる
【アメクリップ】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA